ギャンブル依存症が怖い

20歳から通い出したパチンコスロット。

友人と給料日になればありとあらゆる軍資金を持って朝から晩までご飯も食べないでパチンコスロットを打ちに行く事が習慣になり、

スロットで数万円買って喜ぶも入れた分を取り戻そうと頭が覚える。

これが最も恐れられてるギャンブル依存の怖い所。

アタリが出なければお金がなくなるまで時間を忘れて打ってしまう。

1人で行くのがヤダから友人と行ってしまい気がつけば軍資金すら空になった財布を見て唖然とする。

娯楽をしてる時は、時を忘れるので楽しいが財布の中身が空になると精神的におかしくなりそうになる。

気がつけばまたATMに行ってお金をおろしまたすられの繰り返しです。

他の台でジャンジャン出てる台を見るとあそこの台を打つべきだったと後悔が後から出る。

そんな事を繰り返すと人生めちゃくちゃになります。

ATMのお金も底につくとあちこちにある金融に借りに行く。

返そうと思いつつも人間の欲望で後先考えず借りてると利子がついて来て返せなくなるとまた借りに行く悪循環になる。

これに気づいた時は、まだ良い方です。

1人で出かけた時だけ打つようになって負けてもまぁいいかと気持ちになり遊んでも面白みがなくなったのでギャンブルは、しない方がいいです。

お小遣いの範囲なら良いです。

人から借りてまでしない事が一番大事な所です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です